マークU 買取価格 相場 よりも 高額 にする 裏技 を解説しています!今すぐ確認!
↓↓↓↓↓クリック!
http://自動車買取.so-net.or.jp/

マークU 買取 相場

マークUの買取価格をマークUの買取相場よりも高額にするための裏技を本音で語っています。

↓↓↓↓↓↓↓コチラをクリックして今すぐ確認してください!

【マークUの買取価格を高額にする裏技はコチラをクリック!】

トヨタ自動車が製造・販売していたマークU(MARK U)は中型の高級乗用車である。車名の由来は、当時の小型セダン「コロナ」をよりスポーティに高級化した車、という開発コンセプトにより、「コロナマークU」と命名された。1968年9月初代コロナ・マークU(T60/70型)は発売された。ラインナップは当時のコロナを踏襲したもので、走りに余裕があった。1972年2月2代目(X10/20型)から独立形式を与えられ、ボディは大型化され、ライバル(スカイラインGT)に対抗すべく6気筒モデルが投入された。1976年12月3代目(X30/40型)は、シャープなデザインから一転して、アメ車のデザインが取り入れられ、このモデルからハイグレードモデルのグランデが登場し、高級車路線へと移行し始めた。1980年10月4代目(X60型)となり、この世代からビスタ店専売の姉妹車「クレスタ」が登場し、チェイサーと合わせて「マークU三兄弟」と呼ばれるようになった。1984年8月5代目(X70型)は、正式に車名がトヨタ・マークUとなった。1988年8月6代目(X80型)は、ガソリンエンジン搭載車が全てDOHC化された。1992年10月7代目(X90型)では、日本国内専用車になり、全車3ナンバーボディとなった。1996年9月8代目(X100型)は、コストダウンが図られ、居住性の改善やエアバッグなどの安全対策の徹底が図られた。2000年10月9代目(X110型)でマークUとしての最終モデルとなった。2004年10月後継のマークXの登場に伴い、製造と販売を終了した。

【運営者情報】自動車評価学会 マークU買取相場研究部会

性別: 男性 女性
職業: 学生 会社員 公務員 その他

年代:

リンク集| リンク集1| リンク集2| リンク集3| リンク集4| リンク集5| リンク集6| リンク集7| リンク集8| リンク集9| リンク集10| リンク集11| リンク集12| リンク集13| リンク集14| リンク集15| リンク集16| リンク集17| リンク集18| リンク集19| リンク集20| リンク集21| リンク集22| リンク集23| リンク集24| リンク集25| リンク集26| リンク集27| リンク集28

i2i無料WEBパーツ